×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



君の息が温かいのか、白く濁っていた
僕はその息がどこまで行くのか考えていた
どこまで?
それがイギリスまで行ったらどうしよう
なんて素敵なんだ
僕は、すっかり冷たくなった息を吸う街を想像していた

一種の逃避でもあるのだ

君の息が温かいのは
一つの母性だろう
それで僕を救えると思うなよ
僕が恋しているのはイギリスなんだ